クラリセージの芳香成分

クラリセージのエッセンシャルオイル(精油)は、ほのかな甘みのある優しい香りが特徴ですが、これは芳香成分が混合されたもので、各芳香成分は様々な効能をもたらしてくれます。
                                                         

まず、クラリセージの代表的な成分といえば、全体の約50〜60%を占める酢酸リナリルと約20%を占めるリナロールです。
こちらの成分は、脳神経などに作用して興奮した神経を落ち着かせ、安らかな気分してくれる鎮静作用があります。
最近は仕事や家庭のストレスやプレッシャーで神経が緊張状態に置かれることが多いですが、こうした状態が続くと心のバランスが崩れてうつ病などの精神疾患を罹患してしまう場合も少なくありません。
クラリセージのエッセンシャルオイルで適度に心を癒すことでこうした状態に陥るのを予防することもできます。
                                                                   

一方、クラリセージには、スクラレオールという成分も豊富に含まれています。
スクラレオールは、体内で女性ホルモンの一つであるエストロゲンのように作用し、ホルモンバランスを整えてくれる効能があります。
女性はホルモンバランスが崩れると、月経不順や月経痛、月経前症候群(PMS)といった症状に悩まされることも多いですが、スクラレオールの働きにより、これらの症状を緩和する効果が期待できるわけです。
特に、40代〜50代の女性が加齢によるエストロゲンの減少によって発症する更年期障害の症状緩和にも効果的なので、更年期障害にお悩みの方はクラリセージの精油をお風呂に数滴垂らしてゆったりと浸かるなど、リラックスできる時間を持つことがお勧めです。

Comments are closed.